スライスしがちな私のフォームをバーチャルゴルフレッスンで改善

スライスしがちな私のフォームをバーチャルゴルフレッスンで改善 ゴルフレッスン体験

会社でゴルフをすることになったのは、会社の同僚や会社の人たちがゴルフをしていたからであり、私自身それほど乗り気ではなかったのですが、周囲のすすめによりゴルフをすることになりました。というきっかけではあったのですが、会社を辞め次の会社に勤めたとしても、私はそのゴルフが趣味となり板についていたのです。

しかしながら下手の横好きと申しますか、あまり上達はせず、ゴルフレッスンに通いたいと思っているのだけれども日々の日課である打ちっ放しに行き少し買い物をして髪の毛を切ったりして家に帰ってくるというような日課でありました。休みの日の過ごし方といえばだいたいこのようなルートで家路につくのですが、少し足を伸ばしてゴルフレッスンをしたほうがいいということに、たまたま飲みの席で聞いたことがきっかけで私はゴルフマンツーマンレッスンを受けてみようと思ったのです。

ゴルフレッスンをするのにわざわざゴルフ場に赴かなくてはいけないと思っていたのですが、最近ではそのようなこともなく、こんなところにゴルフレッスン場があるのかと思うぐらいのオフィス階の一室でバーチャル空間でのゴルフレッスンができるように進歩していたのです。

おおよそゴルフ場にふさわしくないようなビルの一室にそのままレッスン場はありました。手ぶらでレッスンが受けられるような環境になっており、個室には専属のトレーナーが一人一人好き自分のウェアとシューズを持って行くぐらいで、シューズもレンタルできるということでした。

しかしながらシューズは自分のものを用いた方がホールを回る時に体なじみが良いということで、私はシューズとウェアをレッスン場に置き、会社の帰り道に寄っていけるというようなスタイルで通い始めたのです。

営業時間は夜遅くまでやっているので、仕事終わりや残業があったとしても伺うことができます。私は残業後ではなく、定時で終わったあとや、午後有給に打ちっ放しの個人レッスンを受けることにしました。

まるで「みんなでゴルフ」のようなスクリーンに映し出されるゴルフ場は、実際にゴルフのホールを回っているような臨場感が得られ、自分のフォームを360°の角度から録画できるという最新鋭の録画機器により、自分のフォームを自分でも確認できるように画面で見られる体制になっていました。

スライスしがちな私のフォームももう少しフックを意識するようなポジションに改善され、いい飛距離が出るように飛躍的に改善されたと思われます。

1レッスン50分で月2回ほどいくだけですが、半年ほど続ければ完全にフォームは改善されました。
入会金が5万円で16回プランが30万円ほどですが、フォームが改善されたので仲間や職場の人たちとホールへ回るのが楽しくなりました。